霊隠寺の僧衆が改革開放四十周年の習近平総書記の重要な講話を学習する

  2018年12月18日、杭州霊隠寺の僧衆たちは華厳閣において習近平総書記が改革開放四十周年を祝う大会で行った重要な講話を学んだ。

  僧衆たちは、テレビの画像を見ながら、40年にわたる改革開放がもたらした共産党と国家の発展を全面的に理解し、改革開放が人々に与えた幸福感と満足感を感じ取った。

  中国仏教は愛国愛教という優良な伝統を持っている。国家の繁栄と富強は仏弟子一人一人の祈願でもある。社会の一員としての仏弟子は中国の優秀な伝統文化を発揚し、また社会の経済・文化の建設のために、社会に向けて自己のポジティブなエネルギーを提供する責任を負っている。

 

618 人数